読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fgo人理修復するまでのログ

fgoを2/26にはじめたのでそれまでの思い出や今の気持ちを語るログ以上でも以下でもない

えふご〜始まりから冬木くんの話〜

えふごを2月26日にはじめた。えふごーとかふぁてごとかえふじーおーとか好きに読んでください。わたしはえふごです。

そもそもえふごのことは年末くらいから何となく知っていた。ツイッタでフォヨワーがめっちゃ騒いでいたからである。ふぁて(fateシリーズ)のこともよく知らないわたしはふーんそういうアプリがあるのか、グラブルとかも流行ってるもんなくらいの認識で、その頃はモブサイコ100のサイキックパズルに夢中でした。(もうアプリは消した)

たぶん巌窟王くんとか年末福袋だったと思う。みんな爆死して泣いていた。恐ろしいアプリだと思った。

そして新宿のあたりでTLのえふご人口がグッと増えて髭を蓄えたハンサムなおじさんや忍者みたいな格好をした黒髪のイケメンの姿をよく見かけるようになった。そのあたりで一度わたしはえふごのアプリをダウンロードしたと思う。ガチャ運の悪さをフォヨワーに見せつけたかったのだ。そのガチャは可もなく不可もなく(たしか金鯖はマリーちゃんが出た)といった感じで、せっかくだったので冬木もやった。

よくわからんまま話が進み(もう記憶がおぼろげ)死にそうだなと思った人があっという間に死んでしまったので、本当に死んだ!!って気持ちだった。あとこういうノベルゲー的なものはしたことがないので、ゲームなのに台詞がたくさんあるなあ、とじっくり読み込んでいったので一時間くらいかけて冬木を進めていったように思う。もう記憶ほとんどないけど。

そこでアプリを消した。たぶんやらんだろうな〜って思ったから。なんかイマイチ何言ってるかよくわからなかったし。カタカナが多いわ。敵はキモいし。

そこから一週間くらいあけて、みんながTLでえふごの話してるのがずるくてもう一回アプリをダウンロードした。ガチャの結果が奮わず(なんかかわいい子もかっこいい子も来なかった)その回はなかったことにしてもう一回やり直すと、銀色の髪のイケメンが来て満足したのでやり始めた。

そう、彼はジークフリートさんです。邪な理由で人理修復を始めて本当にすまない。

 

そこからえふごの旅が始まった。まさかドはまりするとも知らずに。人理修復頑張りましょう。